熱いものがしみる!は「歯髄炎」かも。その原因と対策とは?

歯髄炎とは、歯の中の歯髄とよばれる組織に炎症が生じることです。

発症の原因は主に虫歯であり、進行すると歯の表面から徐々に奥深くへと侵食が進行していきます。

硬い歯の内部には神経も存在しています。

虫歯の進行とともに歯髄が炎症し神経にも痛みの症状が現れます。

初期段階では冷たいものや熱いものがしみる、ものを噛むと痛みが生じるなどですが、状態が悪化すると、何もしていない状態でも痛みが継続するようになります。

痛みが非常に強いと睡眠にも支障が出ることもあります。

対策は歯髄炎の進行具合によって変わってきます。

初期のものであれば神経を抜かずに治療することも可能ですが、進行した状態であれば歯髄を取り除く根管治療が必要となります。

▼PICK UP

▼NEW

  1. あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  2. 絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険で…
  3. 気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?

関連リンク

  • 医院開業

    医院開業では物件選び以外にも重要なポイントがいくつかあります。それらを網羅し、トータルで支援してくれるコンサルティング会社はMI。開業前はもちろんのこと、開業後の経営までもサポートしてくれますよ。

    www.medicalinnovation.co.jp/

  1. 詰め物・入れ歯

    気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  2. 口臭

    あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  3. アイテム

    歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】
  4. 痛い

    噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  5. しみる

    虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
PAGE TOP