歯周病で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?

歯がしみる場合の多くは知覚過敏が関係しています。

研磨剤が入った歯磨き粉を使用していたり、力を入れて磨いていたりする人は注意してください。

虫歯の場合も進行が進んでいくとしみるケースがありますので、虫歯対策のためにも定期検診はしっかりと受けましょう。

初期の虫歯は痛みがありませんし、しみることもないからです。

歯周病は中度くらいになると、しみるようになるので注意してください。

歯槽骨が溶けてくると歯磨きをしたときに出血するようになります。

歯茎の腫れを明確に確認できる場合も、歯周病がかなり進行していると考えられます。

放置しておくと歯がグラグラしてきますし、口臭も強くなるので注意です。

正しい歯磨きをすることが、歯周病やしみる症状を解消するコツです。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険で…
  2. 噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  3. 虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
  1. 痛い

    噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  2. 詰め物・入れ歯

    気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  3. アイテム

    歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】
  4. しみる

    虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
  5. 歯がグラグラ

    絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険です。
PAGE TOP