知覚過敏はなぜ起きる?原因と対策を知ろう!|歯ぎしり編

知覚過敏の原因の1つに歯ぎしりが挙げられます。

歯ぎしりによって歯がすり減ると、歯の表面を保護するエナメル質がなくなり、象牙質が露出することにより、刺激に対して敏感になってしまうのです。

起きている場合であれば、意識して歯ぎしりをしないようにすることもできますが、寝ている間に無意識に歯ぎしりをしていることもあり、気づかないうちに歯がすり減っていることもあります。

その対策としては、マウスピースを使用することが挙げられます。

マウスピースをしていれば、歯ぎしりをしてもマウスピースがすり減るだけで歯はすり減りません。

歯科医院で申請すれば、保険が適用されますし、歯の並びに沿った形で作ってもらえるため、マウスピースを利用する際の最大の問題点である違和感も少なくなるはずです。

ただし、マウスピースがすり減ってくると、やがては穴が開いてしまうため、その場合は作り直す必要があります。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  2. 絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険で…
  3. 歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】…

関連リンク

  • L-VER

    おしゃべりが好き。友達に話が面白いって言われる!そんな方こそぜひ『L-VER』で”ライバー”に!元ライバーのスタッフが、デビューから人気が出るまでをマンツーマンでサポート。ボイスレッスンや講習会を通じて、あなたの魅力をグングン伸ばしてくれますよ!

    www.l-ver-fukuoka.com/

  1. 痛い

    噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  2. アイテム

    歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】
  3. 歯がグラグラ

    絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険です。
  4. しみる

    虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
  5. 詰め物・入れ歯

    気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
PAGE TOP