噛むと歯が痛い!は「咬合性外傷」かも。何故こんなに痛い?

虫歯がないにもかかわらず、噛むと歯が痛いという事があります。

この原因の1つとして考えられるのが咬合性外傷です。

咬合性外傷は、主に歯ぎしりや食いしばった時に歯に過剰な力がかかって起こる障害です。

歯に通常よりも強い力がかかり、歯と土台の骨をつないで緩衝役になっている部分が傷ついたり、土台の骨そのものが壊れてしまったりします。

つまり分かりやすくいうと歯を支えている組織が圧力によって打撲状態になっているようなものなので、噛む事で痛みが生じます。

治療法としては歯医者で、噛み合わせの調整をしたり、マウスピースをつけて負担を軽くしたりする等があり、とにかく歯に必要以上に力をかけないようにするという事が重要です。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険で…
  2. あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  3. 気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  1. 歯がグラグラ

    絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険です。
  2. アイテム

    歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】
  3. 痛い

    噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  4. 口臭

    あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  5. 詰め物・入れ歯

    気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
PAGE TOP