噛むと歯が痛い!は「知覚過敏」かも。何故こんなに痛い?

噛むと歯が痛いと感じる原因に知覚過敏があります。

冷たいものを飲んだ時や甘い物を食べた時に痛みを感じやすく、歯茎の衰えが深く関係しています。

歯茎が衰えると象牙質が露出して刺激が神経に伝達されやすくなり、痛みをすぐに感じるのがこの症状の主な原因です。

日頃の生活習慣の中で歯が溶けてしまうようなことがある場合には、加齢による歯茎の衰えがなくても同じような症状に見舞われることがあります。

食べ物の酸によってエナメル質が溶けると、刺激を敏感に受けるようになって噛んだ時に歯が痛むという症状につながります。

神経を取り除けば痛みは無くなりますが、健康な歯の神経を抜くことはしませんので再石灰化を促すケアを行うのが一般的です。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険で…
  2. 気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  3. あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  1. アイテム

    歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】
  2. 口臭

    あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  3. 詰め物・入れ歯

    気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  4. 歯がグラグラ

    絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険です。
  5. しみる

    虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
PAGE TOP