一番多い原因はやっぱり虫歯!そのな理由とは?|歯痛・子ども編

歯痛に悩んでいる子どもは虫歯を発症していることが少なくありません。

子どもは大人ほどブラッシングが上手ではなく、磨き残しが相当に残っているケースが少なくありません。

しっかりと磨かないと虫歯菌が増殖してしまい、歯に穴を開けてしまいます。

進行して神経に達すると痛みが生じるので、早めに対処をする必要があるのです。

口腔が崩壊している子どもがたまに見られるのは、歯科で治療を受けられないからです。

そのため教師たちは子どもの歯をチェックし、虐待や貧困が潜んでいないか予測することがあります。

虫歯は初期の段階ではほとんど痛みがありませんが、進行するにつれて強い歯痛に変化していきます。

子どもの場合は歯周病が急激に進行するケースは少ないので、歯痛の原因は虫歯にあると考えてください。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  2. 噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  3. 絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険で…
  1. しみる

    虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
  2. アイテム

    歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】
  3. 口臭

    あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  4. 痛い

    噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  5. 歯がグラグラ

    絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険です。
PAGE TOP