知ってた?歯周病と骨粗しょう症、実は関係があるんです。

歯周病を放置しておくと、さまざまな病気を引き起こすことがわかっています。

骨粗しょう症もその一つであり、エストロゲンが欠乏することが大きく関係しています。

閉経後の女性は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が減少してしまい、それが原因で骨が弱くなってくるのです。

歯も骨と同様にカルシウムが主成分となっている以上、閉経後の影響は少なからず受けます。

骨粗しょう症が見られない女性であっても、歯周病は重症化するケースは少なくありません。

いずれにしても閉経後は歯周病と骨粗しょう症のリスクが高まり、特に前者は進行が早まるケースが多いです。

閉経後は女性ホルモンの分泌を増やす対策を実施し、ホルモンバランスを調整していく必要があるでしょう。

▼PICK UP

▼NEW

  1. あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  2. 虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
  3. 絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険で…
  1. 詰め物・入れ歯

    気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  2. 歯がグラグラ

    絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険です。
  3. しみる

    虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
  4. 痛い

    噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  5. アイテム

    歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】
PAGE TOP