歯周病を防ぐために!なりやすい人の特徴を抑えよう!

歯周病は、中年以降の日本人の8割がかかっていると言われている病気です。

予防のために同じように歯ブラシをしていても、歯周病になりやすい人とそうではない人がいます。

問題のある生活習慣は、歯周病になる原因のひとつです。

歯を磨かない人は、口の中の細菌が増えることでリスクが高まります。

たばこを吸う人は、なりやすいだけでなく進行速度も速いのが特徴です。

唾液の分泌量が低下する糖尿病の人や、口を開ける癖のある人など口が乾きがちな人も注意しましょう。

歯並びが悪くケアをしにくい場合や歯ぎしりをする人も、歯周組織にダメージを与えます。

また、女性は男性よりも歯周病のリスクが高い傾向があります。

女性ホルモンのバランスが影響しており、アンバランスになる月経中や妊娠時、更年期などは、特に丁寧な口腔ケアが必要です。

▼PICK UP

▼NEW

  1. あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  2. 絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険で…
  3. 歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】…
  1. しみる

    虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
  2. 詰め物・入れ歯

    気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  3. アイテム

    歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】
  4. 痛い

    噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  5. 歯がグラグラ

    絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険です。
PAGE TOP