気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?

保険と自費で作る入れ歯にはそれぞれにメリットとデメリットがあります。

大きな違いは費用です。

保険で作ることができる入れ歯は治療費が安いです。

そのため万が一入れ歯が欠けてしまったり壊れたりしても、修理しやすいというメリットがあります。

しかし、耐久性や強度に欠けることが多く、比較的簡単にすり減ったり欠けたり、変色してしまいます。

保険で部分入れ歯作る場合には、固定する金属が入っているために、見た目が悪くなります。

前歯などの目立つ場所に入れ歯がある人は、見た目が気になってしまうことがあります。

一方保険外で作る場合は、治療費が高額です。

また、細部に至るまで丁寧に作るために、時間がかかり、保険で作るより通院する時間が長くなってしまいます。

出来上がりは、装着時に快適に感じることが出き、見た目もより自分の歯に合った自然な仕上がりになります。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険で…
  2. あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  3. 歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】…
  1. 口臭

    あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  2. しみる

    虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
  3. アイテム

    歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】
  4. 詰め物・入れ歯

    気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  5. 歯がグラグラ

    絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険です。
PAGE TOP