入れ歯が合わない!その意外な原因とは?

入れ歯が合わない原因は色々あります。

まず何回調整しても上手く合わない時は、調整技術が未熟で、入れ歯自体の出来が悪いという点が挙げられます。

通常しっかりと作られ、調整も出来ていれば痛くて噛めないとか噛みにくいというような症状は出ません。

また口の中の変化というのも原因の1つです。

加齢によって歯の周囲の組織がすり減って歯茎が下がったり、歯周病等で歯が動揺していると、合わない事が多いです。

放っておくとますます合わなくなるので、なるべく早めに新しいものに変える必要があります。

他にも薬の服用によって、あごの骨が変形した為というのも原因として挙げられます。

骨粗しょう症の薬を長期間にわたり飲み続けていると、あごの骨の形が変わってしまい、入れ歯が合わなくなってきますので、本当に必要な人以外はなるべく服用しない方が良いです。

▼PICK UP

▼NEW

  1. あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  2. 気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  3. 絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険で…
  1. アイテム

    歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】
  2. 詰め物・入れ歯

    気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  3. 痛い

    噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  4. しみる

    虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
  5. 歯がグラグラ

    絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険です。
PAGE TOP