歯を失う原因とは?自分の歯を守るために知っておくべき話。

歯を失う原因の主なものは歯周病とむし歯です。

歯周病は比較的年齢の高い層に多く見られますが、むし歯は全年齢を通して発生しています。

抜歯に至る歯は、まず、未処置のまま進行が進んでしまったむし歯です。

また、既に治療してクラウンなどがかぶせてある歯でも、神経がとってある場合には根っこの病変などにより治療が困難になることがあります。

歯周疾患では、症状が進んでしまうとグラグラして自然に抜けてしまうこと少なくありません。

歯周病も虫歯も、主な原因は歯垢・プラークにあります。

そのため、予防の基本は適切な歯磨きです。

正しいブラッシングやデンタルフロスなどを活用して、歯の表面だけでなく歯茎のまわりの歯垢も丁寧に除去し、いつも口の中を清潔を保つことが大切です。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  2. 噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  3. 絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険で…
  1. 痛い

    噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  2. アイテム

    歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】
  3. 口臭

    あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  4. 詰め物・入れ歯

    気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
  5. 歯がグラグラ

    絶対NG!歯がグラグラする時にやりがちな”あの行為”は危険です。
PAGE TOP