歯が無くなったときの治療「ブリッジ」とは?痛くないの?

歯科治療における「ブリッジ」とは、無くなった歯の隣の健康で丈夫な歯を利用して、その歯に人工の歯を連結させる方法です。

歯を抜いても、食べ物を噛む際に差し支えなければ、そのまま歯が無い状態で治療を終了することもありますが、どうしても噛み砕くのに必要な場合は、義歯をつくり隣の歯と連結させて橋をかけるように義歯を入れることがあります。

連結方法は、両隣の歯に被せる冠と一体で人工の歯を作ります。

つまり、良隣の歯で人工の歯を支えることになります。

両隣がなく片方しか歯がない場合は、その片方の1本だけの冠とセットで義歯を作ることになります。

施術は歯を連結させるだけなので、痛みはなくインプラントと違って保険も適用されるので経費的に安くあがるというメリットがあります。

一方、連結させられる歯は、虫歯でもないのに削る必要が発生し、さらに他の歯を支える負担がかかるというデメリットがあります。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
  2. 歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】…
  3. 噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  1. アイテム

    歯周病になりたくない!予防で人気の「ガム」は?【BEST3】
  2. 痛い

    噛むと歯が痛い!は「歯周病」かも。何故こんなに痛い?
  3. しみる

    虫歯で歯がしみるってホント?その原因と対策とは?
  4. 口臭

    あなたの口の臭い…病気が原因かも!どんな疾患が考えられる?
  5. 詰め物・入れ歯

    気になる入れ歯のこと。保険と自費の違いは何?
PAGE TOP